パズルは面白い

パズルが好きで毎日やっているわけですが、自分の軌跡を残しておきたいと、ふと思いました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

運転中にしていること

住んでいるところが車が無いと生活できないようなところで、
通勤、その他でよく運転します。
ぼんやりと走らせていると、いつのまにか回りの車のナンバーを見て考え事をしています。

(1)4つの数字を使って、10を作る。
   あるいは1、2、…とどこまで作れるか。
(2)4桁の数を素因数分解する。
(3)2桁掛ける2桁を計算する。

(2)は免許を取ったころからやっていて、変な奴だと良く
言われたが、これまでに一人だけ、私も!という人が居た。
(3)は最近始まった。何かで珠算の暗算検定の問題をやって、自分が2級程度にすぎないのがわかって、ソロバンとは無縁のまま初段を目指そうと思ったのがきっかけ。

明日から3日間の出張に行ってきます。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/29(土) 00:16:15|
  2. パズル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

へやわけマン

ニコリのへやわけマンをやっています。
ニコリのペンパ本、ジャイアント、MIXは今までほぼ全部やっていて、大抵は始めてから1~2週間で終わらせているのだが、今回はWPCに備えてニコリ絶ち(?)をしていたことや、インターネットのパズルコンテストにはまったこともあり、7月10日発売のを9月15日に手を付けて未だに終わっていない。今日、ハイパージャイアントという6ページ分ほどもある巨大なへやわけに手を付けた。急がずに味わいながら解くつもり。
でも、時間測定はしっかりやります。3年前にパズル選手権を知ってから速く解くことに気を使うようになり、サクサク解く積もりのパズルは腕時計で測って10秒単位で記録しています。ストップウォッチで秒単位で測るのも良いかな、と思っている今日このごろ。
  1. 2005/10/28(金) 00:41:15|
  2. パズル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ForSmarts

ForSmartsはインターネットパズルコンテストの1つで、大体2週間毎に2~3問(紙1枚分)が出題され、それぞれの解答期限が2~3週間ある、という長丁場のコンテスト。
出題されるパズルがどれも食指を伸ばしたくなるパズルなのですよ。
ソルバー心をくすぐる、というかちょっと毛色が変わってて、簡単そうに見えて難しかったり、逆に難しそうに見えてひらめくと簡単だったりと。
何が面白いか、改めて考えてみるに、解くための戦略というかアルゴリズムを考えさせる問題ばかりなのが面白い、のだと思います。

今、Issue12(68)と13(69)をパラで進めていて今日休み時間にやっと目処がついたところ。これの感想は後日にして、前回のIssue11(67)について。

1."Creasing" magicは、結局うまい解き方を見つけられず、力任せのしらみつぶしで進めるも、片方は解けずじまい。解けなかったのは初めてでとても残念だった。
2.Tetradivideは、実に良い問題。簡単そうに見えてなかなか解けず楽しめた。ギリギリのところで唯一解に仕上げているのは流石!

出題しているのはベラルーシのVladimir Portugalovさんという方。なんと先日WPC2005で会って、双方片言の英語でいろいろ話しました。
Forsmartsのシーズン6で私と円田さんが同点優勝したので、Tシャツとかいろいろ記念品をいただきました。
彼は、西尾さんから「脳内活性パズル」をプレゼントされ、面白そうなパズルが沢山あるが、問題文の意味がわからない、と嘆いていた。ForSmartsの解答を送るときに、少しずつでも英訳してあげるつもり。
  1. 2005/10/27(木) 01:43:49|
  2. パズル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WPC2005

最終稿です。

いよいよプレイオフ。今回のWPCの自分の目標は、まずパズルを楽しむこと、
そしてプレイオフに残り、個人の表彰台に登ること。
プレイオフは、ここまでの成績上位10名が横一線に並び、目の前の10個の机に用意
されたパズルを順に解いていきます。遠目で見るとハードル競争のような感じ。
ここまでの得点差で時間ハンデがあります。10位の人が10分遅れとなるように
比例配分して、2位の私は5分26秒経ってから開始。
1位のUirichがいかにずば抜けていたかがわかります。
右隣にドイツのUlrich、左にオランダのNiels、アメリカのWei-hwaが居ます。
世界の3強の間に自分が居ることがとても嬉しい。

開始前にルールの説明があり、間違えた場合にはペナルティ5分(5分間たちんぼ)が
与えられるそうです。じゃあ、1秒で解けたと言っていけば、1問も解かなくても
50分でゴールできますね、と質問したら、それはしないでできるだけパズルを解くんだ、
との回答でした。私としてもパズルを楽しく解くためにWPCに来ているので、
解かずにパスすることはしないことにしました。というか全部解いてやる、という気概
でした。
ただ、勝負だけを考えれば、5分で解けそうも無いパズルは一瞬でパスするのが
良い戦略なことは確かであり、現にそうした人も多く居ました。

始まりました。1問目のナンプレをUlrichが解き始めました。他の9人は待ち状態。
5分経ってもUlrichが解き終わりません。この時点で自分の戦略を考え直し、ナンプレ
は瞬時にパスするべきだったのかもわかりませんが、実際にはパスすることは全く
考慮しませんでした。結果的には1問目を解いたのは10人中4人だけでした。

緊張していたのか、1問目、2問目にかなり時間がかかりました。周りの人は結構先に
進んでいてあせります。
3問目、4問目はサクサクと解け、5問目の複合バトルシップでまた時間がかかりました。この辺で歓声が聞こえ、誰かがゴールしたようです。さらにあせります。
6問目の2乗数クロスは難しく、結局解けませんでした。7問目を始めたところで、
3人目がゴールして試合終了。私は7位となりました。
4位が9問目、5・6位が8問目を解いている所でした。同じ問題で終わった場合は、
これまでの総合成績順となります。

観客の一人が、各人がどれを解いてどれを解かなかったかの表を作っていて、
それを見た知ったのですが、以下のような感じでした。
1位 ドイツ  Ulrich  7/10解いて54分38秒でゴール
2位 アメリカ Wei-hwa 9/10解いて56分30秒でゴール
3位 オランダ Neils  8/10解いて57分36秒でゴール
4位 1/8解いて9問目で終了
5位 3/7解いて8問目で終了
6位 4/7解いて8問目で終了
7位 日本   有松   5/6解いて7問目で終了
8位 2/6解いて7問目で終了
9位 3/6解いて7問目で終了
10位 日本  山本さん 2/5解いて6問目で終了

瞬時パスを戦略として使った人を責める気はありませんが、1問しか解いていないで
4位になるとか、プレイオフのルールに良くない点がありました。
ただ、上位3人は流石世界の3強、という感じで疑問の余地は無く、順当だと思います。

パス戦略を使ってでもがむしゃらに上位を目指すべきだったか、自分の中で後をひきそう
な気もしますが、パズルに対する姿勢を曲げなかったのは良かったと今は思っています。
そうそう、観客の一人が後から褒めてくれました。
お前は紳士だ。全部のパズルにしっかりと取り組んでいたし、
次のパズル(机)に移るときに椅子をちゃんとしまっていたのはお前だけだった、と。
  1. 2005/10/26(水) 00:57:31|
  2. パズル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WPC2005

続きです。

7ラウンド~Classics
 比較的オーソドックスなパズル15問(小問33)を60分、700点満点。
 このラウンドも問題数が多く、マシンのように解きまくるはずだったのに、
 合同分割で8分割する問題を4分割と勘違いして解けなかったりと、
 時間をロスしました。340点で12位。

8ラウンド~Fifty-fifty
 いくつかの正三角形マスを塗り、どの6角形も3個の黒三角を含むようにするパズル。
 7問を30分で250点、早解き10名にボーナス点。
 私が1番、山本さんが3番で解けたと思ったのに、二人ともミスがあり完答ならず。
 私は1つ余分に塗ったために190点をロスした計算になります。これは痛い。

9ラウンド~Screentest
 スクリーンに問題が30~60秒程度で映し出される形式。
 12問で200点、各問は10~20点なので、そうは差がつかないラウンド。
 私は1問間違えて180点。

10ラウンド~The Weakest Link
 チーム戦なのだが、前半は各個人が同じ問題を解き、解けた者から後半の巨大パズルの
 1/4を受け取り、4人揃わないと後半のパズルが完答できなくなっている。
 いろいろと部分点があり、完答すると700点、早解き5チームにボーナス点。
 制限時間は当初30分だったが、前半の回答率が悪く、どこかのチームが4人揃って
 から15分(?)に変更された。
 前半はダーツ。的のうちの3~5箇所を選んで、和を333とかにするものが3問。
 的の数が17もあり、剰余系で決まるものも見当たらず、しらみつぶしを強いられた。
 私は全体の2番目で解け、後半の1/4を受け取る。
 少しして楠井さんが来たが、後の2人がなかなか来ない。後半の巨大パズルは2/4
 ではやれることはそれほど無く、首を長~くして待つ。
 ドイツと他1チームが4人揃い、ガシガシ解いている。
 坂田さんが来て、巨大パズルのできるところを進めている途中で終了。完答はドイツだけ。

11ラウンド~Innovative
 19問(小問43)を100分、1100点満点。
 難しめのパズルをマシンになりきって解きまくる。
 このラウンドは大きく詰まることも無く進められたが、自己採点660に対しミスが
 結構あり530点。ラウンドで7位。
 ミスは痛かったが、それよりトップのドイツのUlrichの775点には驚いた。
 帰りの飛行機でもう一度トライしたが、やはり700点にも届かない。彼は凄い。

12ラウンド~Jigsaw puzzle
 チーム戦。余分なピースが入ったジグソーを1面完成させるもの。30分、700点。
 早解き5チームにボーナス点。
 形は普通のジグソーだが、絵柄に自分たちが写っている。なんと初日に取った全体写真
 をジグソーにしたもの。しかも余分なピースがある、というレベルじゃなく、
 3枚の全体写真ジグソーから2ピースを除いたもので、1つだけが完成し、
 残り2枚は空白1ピースとなった。
 要は平行して60ピースジグソーを3枚組むような感じで、楽しめました。
 15分程度で完成。公式チームのうちでは3位だったようです。

これで2日目が終了。明日は、ここまでの上位10名でのプレイオフ。
国別の順位は確定して、1位ドイツ、2位アメリカ、3位日本。
採点間違いとかあって多少の変動はあったが、ここまでの総合得点で
私が2位、山本さん5位、楠井さん23位、坂田さん32位。
ここまでを2位で来れたことは、とても嬉しかった。
一方、ドイツのUlrichの底力というか、凄さには仰天しました。
2位の私を500点以上離してのダントツ1位です。
たら、れば、を積み重ねて、ここまでにしてきた様々なミスが全部無かったとしても、
ギリギリ届くかどうか、という所でしょう。差を感じました。
  1. 2005/10/26(水) 00:56:41|
  2. パズル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WPC2005

たぁさん家に書き込んだWPC2005の報告を自分のところに転記しておきます。
============================================

WPCから無事帰ってきました。
ハンガリーは初めてでしたが、景色、街並みがきれいで、素敵なところでした。
大会が行われたのはエゲル市(EGER)で、ブダペストから車で小一時間。

最終的な成績は、団体3位、個人7位でした。

今回のWPCの問題はネットで公開するようなことを言っていました。
公開されたら、是非お試しください。
全般には、ハンガリー風とでも言いますか、どれもボリュームたっぷりですが、
良い問題ばかりでした。

以下、ラウンド毎に、パズルの内容、感想を書いてみます。

1ラウンド~EGER Grand Prix
 11問(小問入れて16問)を制限時間30分、400点満点。
 ABCプレースならぬEGERプレースや、ヒントがEGERをかたどったナンプレ、
 などEGERにちなんだ問題ばかりのラウンド。
 ここでは山本さんが見事305点で1位。私は280点で5位。
 このラウンドのトップ3は特別に表彰され、山本さんは金メダルとカップをGET!

2ラウンド~Streets
 2点を結ぶ道筋を決めるパズル8問を制限時間30分、250点満点。
 早解き10名にボーナス点。
 制限時間内に解いたのは6人居たが、私を含めミスした人が多く、
 結局完答は山本さんだけ。山本さんは250+ボーナス150点でダントツ。
 私は230点で2位。早解きラウンドはケアレスミスが恐い。もっとも自分は
 残り数秒だったので、見直す余裕はまったくなかったが。

3ラウンド~Evergreens
 マインスイーパ、ウォールロジック、ぬりかべなどオーソドックスな5問を
 制限時間30分。250点満点。早解き10名にボーナス点。
 単にスキルを問うだけかと思っていたら、盤面が立体であることが開始直前に
 告げられました。それぞれがサイコロの6面全部を使った問題でした。
 結局、完答できたのは私一人。250+ボーナス150点をGET!
 自分としては一番面白かったラウンドです。

4ラウンド~Tantrix
 市販のタントリックス10枚を並べるチーム戦。8問を30分、700点満点。
 早解き5チームにボーナス点。4人で分担して解くのですが、
 日本チームは戦略として、やさしい方から2名、難しい方から2名で進めました。
 結局全部解けたけど、ボーナス点は貰えず。

5ラウンド~Hungarian style 意外とつまづいて焦りだし、最後は何を解くのが良いか迷って、何をしているか
 訳がわからなくなっていました。自分としては悔いが残るラウンドです。
 自分は540点で8位。

6ラウンド~Spider web
 表裏のある16個の扇形ピースを丸く並べて、図柄を1つのループにするパズル。
 30分、250点。早解き10名にボーナス点。
 ヒントを貰うと各ピースの表裏を教えてもらえるが125点でボーナス無しになる。
 チョットしたことに気付けば表裏が大体決まって解けるのだが、試合中には
 それがわからず撃沈。完答したのは4人。
 早めに見切りを付けてヒントを貰って解いている人が多かったが、日本チームは
 全くヒントを貰わず全員0点。この辺はパズルに対する姿勢の違いでしょうか。
 自分はヒントを貰うことには大きな抵抗があり、多分もう一回やっても最後まで
 あがいているでしょう。

ここで1日目終了。中間成績では、ここまで私が1位、山本さん3位、
楠井さん22位、坂田さん26位。
  1. 2005/10/26(水) 00:55:42|
  2. パズル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稲葉さん家のパズル

稲葉さんの所の今週の問題(コンタクトドミノ)をクリア。
Stage4に1つのドミノに2つの矢印、という引っ掛けがあった。
まぁ、ちょっとした趣向で、それほど悩まなかった。
稲葉さんの所には、3年前くらいから、ほぼ毎日アクセスしている。
この難度のパズルをこのペースで作れる才能には敬服しています。
本当にお世話になっています。
  1. 2005/10/26(水) 00:51:36|
  2. パズル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめに

ブログ始めます。

パズルが好きで、日々いろいろと考えている訳ですが、ふと自分の足跡を残してみようと思い立ちました。
  1. 2005/10/25(火) 00:14:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。