パズルは面白い

パズルが好きで毎日やっているわけですが、自分の軌跡を残しておきたいと、ふと思いました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

German qualification round

ドイツの国内予選がインターネットで行われたので参加しました。
こちら から。

20問を2.5時間で解くもので、4/26(土)ドイツ時間の午後にいつ始めてもよい、というものです。
自分の都合のよい時に取り掛かれるのは良いですね。特に海外からの参加で時差に悩まされないのが。ただし、ズルをしようと思えば、ダミーの人を用意して事前に問題を知ることも簡単にできてしまうわけで、重要な大会では難しそうです。今回のは、FaceToFaceの決勝大会に進める20名を選ぶためのドイツ国内の予選で、実力が伴わない人がズルをしてもあまり効果がないケースでした。

インストラクションは親切にも英語版も用意されていて◎。ただし、実際の問題はドイツ語で、ちょっとルールを確認したい時とか、英語版を見なければならないわけで、やりづらかったです。
それが理由ではなく、単に不注意なのですが、解けているのに解答記入を間違えたのが2問ありました。それが無ければ1位のはずだったのですが、結局は総合7位くらいでした。

なお、問題、正解、順位なども上のフォーラムにありますが、問題ファイルを開くためのパスワードは今は表示されていません。
ここ のQualifikation 2008のところにパスワード不要の英語版問題がありました)

以下、解いた順に感想いきます。(長文、ネタばれです)
【“German qualification round”の続きを読む】
スポンサーサイト
  1. 2008/04/28(月) 22:07:18|
  2. パズル・問題・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

[diogen]April contest

ロシアのdiogenのApril contestをやりました。
難しめの12問を1週間で解くものです。
IPSTが休止中のいま、こういうコンテストはありがたいです。
とても楽しめました。
では、感想を。

1. Shipping route
 各シマに○を置いて周回ルートを決めるもの。サクサクと。
2. Sumdoku
 各行列に1~6と2個の+を入れるもの。ゆっくりと自然に埋まりました。なかなか良い問題です。
3. Paper ships
 いくつかの船を置いていくもの。少し確定し、少し場合分け。
4. Forest orienteering
 テントにループ要素をこじつけたような問題。問題よりもルールを把握するほうが大変だった。
5. Rhombogram
 変形トーラス盤での斜め接触なしのラテン方陣。紙の上ではできたけど、よく見たらトーラス上で斜め接触してた。フォーラムを見たら、どうやらこれで大丈夫らしい。
6. Two warms
 2本のSnakeを配置するもの。何故か、1枚の紙を表裏から見た2つの盤面に分かれている。出題者のこの辺の感覚が馴染めません。私なら1つの盤面で出題する。
7. Domino magic
 00~55を配置して魔方陣にするもの。適当にやったらできたので、それで良しとした。
8. Tetra arrows
 矢印に沿って全マスを通りつつテトロミノを配置しその和を指定数にする、というもの。やってみると矢印を辿るだけならたくさん解がある。テトロミノの和を合わせるのが主題。序盤の取り方をいろいろ試してやっと見つかった。面白かった。
9. Diogen's cross-sums
 変形カックロだけど、結構時間がかかりました。うまいこと繋がって唯一解になっています。これも面白かった。
10. Theseus and Minotaur
 ここから3問はOptimizerで、やはりここらへんが勝負をわけるのでしょうね。
 ミノタウロスからできるだけ逃げ回るルートを探す主題。動き方のルールをちゃんと理解したか今ひとつ不安だが、螺旋状に回ってそれでよしとした。
11. Three triplets
 2~10の数を3組に分けて、四則・累乗の演算記号を使って、3組とも同じ値にするもの。これ、一番面白かったです。紙がなくても考えられるので、始終考えていました。結局、最大65536、最小-45で解答。
12. Laser digits
 例によってルールが分かりづらいが、要は大きな数を三角形に細切れにするのがポイントだと思います。988を使って合計523点で解答。

4/19(土)夜に始めて、火に唯一解問題を一通り終え、あとはOptimizerを適当に。楽しい一週間でした。
  1. 2008/04/28(月) 17:29:30|
  2. パズル・問題・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生経験17000日

今日で、生まれてから17000日になります。

こういうのは最初を0とするか1とするかが難しいところですが、生まれた日を0として、誕生日に365N+閏年の数、というように数えることにしています。
まぁこれは決め事なのでどっちでもいいと思います。
誕生日はどうなんでしょうね。20歳の誕生日は、20回目の誕生日? 21回目の誕生日?

私は金曜日生まれなので、17000日は火曜日です。
10000日も火曜日でした。10000日は27歳4ヶ月半くらいのときですが、とてつもないビッグイベントに思えて、働いている場合じゃないっと会社に休みをもらい、自分のそれまでの人生をじっくり振り返ってみたのでした。休暇申請の際に、10000日なんですよ、と当時の上司に説明したら、それがどうした、みたいな反応(^^;だったのをよく覚えています。
でも、桁が繰り上がるのって、10、100、1000日のときは普通知らないし、100000日は無理だし、一生のうちにここしかないんですよ!

  1. 2008/04/22(火) 22:01:29|
  2. 非パズル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[diogen]April contest

diogen のパズルコンテストが始まっています。
IPSTと同じ形式です。
4/26までの一週間。

こちら から。

少し解いてみた感じでは、ルールがちょっとわかりづらいけど、問題の質は良さそうです。
オススメです。

  1. 2008/04/20(日) 10:44:06|
  2. パズル・問題・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

パズル本(2008.1~2008.3頃)

今年1月から今までに終わらせたパズル本
書くのが面倒で放っておいたら溜まってしまった(^^;

●LITS1
ニコリのペンパ本125
2007/12/18~2008/1/6
数問を除いて、単調作業に終始した感があります。
もっともっと難しい問題を載せて欲しいと思いました。

●ピーターフランクルの超数脳
2008/1/7~2008/1/7
端折っているのか、雑な印象でした。
軽く読むには悪くは無い。

●巨匠の傑作パズルベスト100
2008/1/20~2008/1/30
サムロイド、デュードニーをメインに据えた本。
知らない問題が結構あった。意外。忘れてしまっただけかな。
面白かった。

●ロジカルパズル1
世界文化社のパズルBOOKS、青木真一著。
2008/2/5~2008/2/13
いろんな種類のペンシル&ペーパーパズルを集めたもの。
軽めのから入り、後半にはてこずるものもいくつかあった。
全部で9時間2分10秒。
何種類?は速く解ける気がしない。80番のは84分かかった…

●ニコリ121
2008/1/17~2008/2/16
120ページの推理パズル3にGood!と書き込みしてありますね。
何が印象に残ったのか、よく覚えていません。

●カックロ25
ニコリのペンパ本126
2008/2/17~2008/2/24
時々、上級者タイムに負けていますね。悔しいなぁ。
ハタンした時か、風呂の中で解いていて眠りそうになったとき、だったと思いますが。

●賢くなるパズル たし算ひき算
2008/3/2~2008/3/2
DSのソフトをやった後、本屋で見つけてやってみました。
3x3~6x6の変形キラー数独。
一日で余裕で終わります。

●賢くなるパズル かけ算わり算EX
2008/3/6~2008/3/27
EXのほうは、サイズ5x5~9x9で難しくなっています。
全105問合計で1106分もかかっています。
かなり楽しめました。
手が止まってしまう問題が多くあって時間がかかりました。
この後、たし算ひき算EXをやっているときに新たな解き筋がひとつわかったので、次からはこんなにはかからないはずと思います。いつかまたやってみよう。

●推理パズル12
ニコリのペンパ本127
2008/2/17~2008/3/27
巨大なマトリックスを埋めながら解かせる問題はあまり好きじゃありません。
それなりに工夫をした問題もあるのだけど、そういうのでも単調作業が多すぎて。
印象に残ったのは最後の56番の変形ニム。
自分が偶数個持っているときは、1~2個取る代わりに手持ちの半分を戻すことも可能、というもの。
12個からスタートして必勝法を探せ、という問題で、それはそれでよいのだが、一般のN個のときにどうなるか気になってしまい、調べ上げてしまいました。
結果、13個以上からスタートしたときは、双方が最善手を打つと、勝負がつかないことがわかりました。意外性の無い結果だったけど、調べるのは結構面白かった。

●賢くなるパズル たし算ひき算EX
2008/3/23~2008/4/5
5x5~9x9の変形キラー数独。
2マスの場合は和でなくて差が表示されていることもある、というもの。
キラー数独では、でっぱったとこの値は計算で求められるけど、
本書のルールでは差となっているところもあるので、確定できません。
が、パリティ(偶奇)だけはわかりますね。これに気付いてから楽になりました。
かけ算わり算でも同じ手法(でっぱったところに、2や3の累乗の因子が偶数個か奇数個か)が使えるはずですね。
全105問で、616分。かけ算わり算EXよりだいぶマシになりました。

  1. 2008/04/06(日) 23:28:57|
  2. パズル・本・問題集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2001=ああ9

子供に、腕立て伏せをやらせています。
回数に応じてお金をあげることにしていて、現在のルールは、毎日、
1~10回はx1円、11~20回はx2円、21~30回はx3円、…というもの。
サボった日は、その月のうちの最高金額x(-1)円とし、1ヶ月ごとに清算。

3月分を清算したところ小次郎の合計額が2001円だったので、思い出した問題を出してみました。

2001=ああ9
2ヶ所の「あ」に同じモノを入れて、正しい式にせよ。(実際に紙に書いたのは「あ」でなく四角)

あ=996+、と答えられちゃいました。
作為解は、あ=3x2だったんだけど、3文字という制限を付け忘れたんですね。失敗。
確かパズ懇の小谷さん作。
  1. 2008/04/06(日) 22:18:58|
  2. パズル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WSC2008:インド国内決勝

公開されているインド国内の決勝問題をやってみました。

なんとか全部解けました♪。

今後の励みに、昨年のWSC2007の本割の1・2位の方の結果と並べてみましょう。

Part1~5の所要時間(3名とも完答)
24:46、32:15、17:32、47:12、10:30 昨年本割1位
32.52、39:24、19:42、60:48、14:48 昨年本割2位
31:30、39:10、21:00、62:00、17:00 私

う~ん。もっと速く解きたいなぁ。




  1. 2008/04/06(日) 21:59:13|
  2. パズル・問題・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。