パズルは面白い

パズルが好きで毎日やっているわけですが、自分の軌跡を残しておきたいと、ふと思いました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

進行中のパズル本

パズル本がたくさんたまってしまいました。2~3冊を並行して進めるのが常なので、今の状況は困りものです。オリンピックも終わるし、そろそろ片付けていきたいですね。
今溜まっているパズル本を書いておきます。

・Battleship SUDOKU
2008/4/23~。4月に解き始めたのにまだ3/4程度。中だるみ、というのか、どうものめりこめません。

・ナンプレ超上級編17
2008/5/26~。まだ1/3程度。しばらくの間全く進んでいません。WSC3で、上位者の多くが仮定法に走ったらしいことを知り、難問数独についていろいろと考えてしまい、手が止まってしまいました。モチベーションが下がっています。どうなることやら。

・フィルオミノ4
2008/8/20~。まだ始めて間もないが、こんだけ溜まっているのに手をつけた、ということは、解きたい度が高いということなので、多分そうはかからないでしょう。

・Killer Su Doku2
2008/8/15~。3冊まとめて買ったのの2冊目。キラー数独は少しMyブームなので、多分そうはかからないでしょう。

・スマリヤンの無限の論理パズル
2008/3頃読み始めました。1/2くらいのところで頭がついていかなくなり、止まってしまいました。スマリヤンの本は好きなのですが、なかなか中身が重くて。間を空けてしまうと、再開時にそこまで追い付くのが大変です。

・Mathematical Puzzles
パズ懇で岩沢さんが薦めていたPeter Winklerの本。2008/7頃読み始めました。
問題が私には難しすぎて、解いてから次に進む、といういつものやり方では全然はかどりません。十二分に考えてわからなければ解説を読む、というように方針を切り替え中です。たとえば、最初の問題は次のようなものです。
数が書いてある50枚の紙が並べて置いてあり、A、Bが交互に1枚ずつ取っていきます。取る際には、両端の紙のどちらかしか取れません。先手であるAには、獲得した数の合計をB以上にする方法が存在することを証明しなさい。

・Mathematical Mind-Benders
これもPeter Winklerの本です。前書と同様、亀のようにしか進めません。たとえば次の問題は解けましたが、数日かかりました。
(1+√2)^500の小数点以下99桁目の数字は何でしょう?

以下は入手したけどまだ手つかず。
・Killer Su Doku3
・ナンプレ超上級編18
・難問ナンプレに挑戦5
・虫食算と覆面算

スポンサーサイト
  1. 2008/08/23(土) 19:00:02|
  2. パズル・本・問題集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ローダン

SFのペリー・ローダンシリーズの350巻「アフィリー」を読み終えました。
ドイツで1961年から毎週発行されているシリーズで、原書はもうとっくに2000巻を超えているはず。
日本では、原書2巻を1冊に収めて、現在は月1冊のペースで発行されている。原書の約1/2の速度で追いかけ続けてやっと350巻(原書の700巻)。

1977年、入った高校の前に大きめの本屋があり、そこでこのシリーズを知りました。
当時は30巻ほど出ていて、立ち読みで全部読みました。(^^;
1日にローダンシリーズを4冊立ち読み読破したこともあったっけ。今ではとてもできませんけどね。
内容はさておき、果てしなく続くシリーズのスケールの大きさに感銘を受け、ローダンに付き合っていきたいと思いました。

高校生だし金に余裕は無かったけど、一計を案じ、ローダンシリーズの第1巻を購入。
親父にローダンシリーズのスケールの大きさを説明し、よかったら読んでみたら、とさりげなく進呈。

狙い通り、親父をのせることに成功。
スポンサーを得て、無事ローダンを買いそろえ、買い続けることができました。(^^)
さすがに社会人になってからは自分で買うようにしたけど、それまでに100巻くらいは買ってもらったんじゃないかな。親父は途中からは、あとがき、しか読んでいないみたいだったけど。
  1. 2008/08/21(木) 01:17:29|
  2. 非パズル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パズル本(2008.6~2008.8頃)

最近解いたパズル本をまとめて。

●ナンプレ バラエティ編1
 世界文化社のパズルBOOKS81。2008/6/2~2008/7/1。
 ナンプレのいろいろな変種が入っていて、面白かった。

●数学パズル
 タイトルに惹かれて買ってみたけど易しすぎて得るものなし。東京大学算数研究会編だそうです。

●ニコリ123
 2008年夏号。2008/7/15~2008/7/22。
 感心したパズルは、ダンスフロアでアン・ドゥ・トロワ(P20)とフィルオミノ20。特に特大フィルオミノは興奮ものでした。

●スリザーリンク19
 ニコリのペンパ本130。2008/7/15~2008/7/31。
 珍しく大きなハタンがなく、上級者タイムに1つも負けませんでした。調子が良いと上級者タイムの半分くらいだけど、コンスタントには出ませんね。

●Killer Su Doku
 英タイムズ社のキラー数独のパズル本。今までに3集出ているようで、その1冊目です。
 キラー数独は面白いですね。
 110問あって、753分かかりました。105番が一番遅く、26分要していました。
  1. 2008/08/17(日) 10:42:30|
  2. パズル・本・問題集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

感動したこと

最近感動したことを2点。

AvoidBomb 8
Avoid Bombで初手8。
パズルにチャレンジ!!のところのAvoid Bomb(こちら)は随分とやっています。初手はここを開くようにしているのですが、初手で8(周囲8マスが全て爆弾)が出たのは初めてです。36マス中爆弾16マスなので、3000余回に1回の出来事という計算になるかな。感動しました。
ちなみにAvoid Bombはセーフ回数・合計ポイントとも首位をキープ中。

Youtubeで見つけた11歳(当時)の女の子の歌。パズルとは関係ないけど。
こちらから。これには仰天しました。America's got talentという新人発掘番組の予選のものです。(本選でももちろん優勝)
  1. 2008/08/07(木) 00:55:12|
  2. 非パズル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。