パズルは面白い

パズルが好きで毎日やっているわけですが、自分の軌跡を残しておきたいと、ふと思いました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パズルでめぐる奇妙な数学ワールド

『パズルでめぐる奇妙な数学ワールド』イアン・スチュアート著、伊藤文英訳、早川書房、1800円、2006/1/31発行、2006/6/11読了。

とてもとても面白かった。
マーチン・ガードナーの数学ゲームの続編、と言えばよいか、Scientific American誌のコラムをまとめた本。
一読では消化しきれなかったものも多い。
いずれもう一度じっくり考えたい、と思ったところを書いておくと、
1章:自分の数を推理
5章:ペル方程式
6章:川岸にたどりつく方法
12章:公平な山分け方法
14章:変形する多面体
16章:点と桝目の陣取りゲーム
17章:チョンプ
19章:冷酷非情な海賊の金貨の分配

特に16章のは、元となったバーレキャンプの著書をamazonで注文してしまった。洋書を読みこなす英語力があるかどうかが問題だけど。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/12(月) 00:33:26|
  2. パズル・本・読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puzzleelzzup.blog33.fc2.com/tb.php/105-ff7609f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。