パズルは面白い

パズルが好きで毎日やっているわけですが、自分の軌跡を残しておきたいと、ふと思いました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Knuthさん

昨日書こうと思ってて忘れていました。
2006/11/16は、Professor Knuthにお会いした10th Anniversaryでした。

Art of Computer Programmingの著作者、Texの創作者、というものすごい方ですが、実はパズル好きでNobさんのファンでした。1996年に京都賞受賞で来日したときにNobさん家で会いました。準数値算法-算術演算を読んでかねてから敬服していた方だったので、私は緊張しまくりで、何を話したかあまりよく覚えていなかったりするのですが、ルービックキューブについて話したことは覚えています。

今はもうルービックキューブは、LBLのような良い解法が広まって、ある種のスポーツになった感があります。
私にとっては、大学1年のときに発売になって夢中になったお気に入りのパズルで、割りと早く(といっても2週間くらいかかったけど)自力で完成できたのも自信になっていました。
Knuthさんは、初めてルービックキューブを手に取ってから、なんと4時間(ひょっとしたら7時間だったかも)で完成させたそうです。頭の出来の違いを痛感しましたね。ルービックキューブは数学者にしか受けないと思っていた。あんなフィーバーになって驚いた、と言っていましたっけ。
ご本人も奥さんも、話していて気持ちがホンワカ暖かくなる良い方でした。

後日、Rush Hour(東京パーキング)というパズルをKnuthさんが解いたプログラムを見せてもらったのですが、すごく洗練された美しいコードで、さすがKnuth、と唸りました。私の書いたプログラムのほうが解くだけなら速かったけど、解法の構想のスケールが全然違ってました。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/18(土) 01:05:51|
  2. パズル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

す、すごい...

す、すごい...。
Knuth先生にお会いしてらっしゃるとは...。私も中1からPCに触っているので、ある程度有名なプログラマのことは存じている(もちろん会ったコトはありません)のですが、Knuthさんはその中でも「最もお会いしてみたい」1人です。ただ、英語が出来ないのでご拝顔するだけになりそうですが。:-)
  1. 2006/11/23(木) 12:07:04 |
  2. URL |
  3. 吉川 マサル #qDBtKGMg
  4. [ 編集]

マサルさん、ここでははじめまして。
最近は遠ざかってしまっていますが、昔はパズルを解くプログラムを良く書いていまして、Knuthが来るから会いに来い、と声をかけてもらえたのですよ。とてもラッキーでした。
勝手に話を変えますが、今週の算チャレ、私もマサルさんと全く同じやり方で解きました。これからもよろしくお願いします。
  1. 2006/11/23(木) 20:37:29 |
  2. URL |
  3. タロタロ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puzzleelzzup.blog33.fc2.com/tb.php/184-7998f896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。