パズルは面白い

パズルが好きで毎日やっているわけですが、自分の軌跡を残しておきたいと、ふと思いました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2006 World's Smartest Person Challenge

今年の10月に2006 World's Smartest Person Challengeというイベントがありました。私は参加したけど全然圏外でした。
ちょっと面白い結果だったので、書いておきます。
最終結果は こちら

もともと1位は$500、2位は$200という賞金設定でした。
最後に上位11名に対して追加問題を出して最終順位を決めたようなのですが…
追加問題を全部正解した8名が1位、1問間違えた3名が2位となりました。
ということで、1位の8名は$62.5ずつを貰い、2位の3名は$66.7ずつを貰うという結果になったそうです。
追加問題を見てはいないけど、それほど難しくない問題だとしたら、単独2位の$200狙いで故意に1問間違える、という大技に出たものが3名。というストーリーはないかな?

さて、誰が一番賢かったのでしょうね。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/10(日) 18:57:12|
  2. パズル・問題・イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

賞金の分け方がおかしいですね。
主催者の考えを聞きたいです。
本来なら、合計金額700$を8人で山分けです。
  1. 2006/12/11(月) 04:47:44 |
  2. URL |
  3. 数楽者 #1Qqcdk6s
  4. [ 編集]

確かに。
同点者の分配方法まで事前に連絡されていたかどうかは知らないのですが、もし事前連絡無く、賞金額がもっと大きかったりしたら怒る人も出そうですね。
  1. 2006/12/11(月) 23:35:38 |
  2. URL |
  3. タロタロ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puzzleelzzup.blog33.fc2.com/tb.php/194-dae903dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。