パズルは面白い

パズルが好きで毎日やっているわけですが、自分の軌跡を残しておきたいと、ふと思いました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無限を求めて~エッシャー、自作を語る~

『無限を求めて~エッシャー、自作を語る~』を読みました。
2007.12.??~2008.1.14

新しい本ではありません。1994年1刷。
エッシャーは大好きです。中学のころ、朝日新聞のコラム「遊びの博物誌」で頻繁に紹介されていて興味を持ち、友達と連れ立ってエッシャー展を見に行って大ファンになりました。

この本にはエッシャーが講演のテキストとして用意していたものが収録されていて、そこが一番良かったです。エッシャーの作品は一通り全部知っていましたが、自分で見て感じて考えたなりの理解しかしておらず、エッシャー本人の解説からいろいろと学ぶことがありました。

平面分割は、エッシャーの作品群の中では私はあまり重きを置いていなかったのですが、本人はとても強いこだわりを持っていたようですね。
逆に、ペンローズの三角形を利用したような一連の不可能物体を扱った作品は、有名だし私は一番好きなんだけど、本人には思ったよりも熱がはいっていないみたいでした。意外。

この本の訳者は、遊びの博物誌を書いていた坂根さん。ついでに遊びの博物誌も読み直して懐かしさにふけりました。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/23(水) 00:48:24|
  2. パズル・本・読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puzzleelzzup.blog33.fc2.com/tb.php/314-9dfa6fc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。