パズルは面白い

パズルが好きで毎日やっているわけですが、自分の軌跡を残しておきたいと、ふと思いました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

算法少女

算法少女という本を読みました。
2011/1/19~2011/1/19。

本屋で普段あまり通らない列をブラブラ歩いていて目にとまりました。
なにやらあやしげなタイトルに惹かれて。

数学が好きな江戸時代の13歳の少女のお話で、
奉納されようとしている算額の誤りに気付くところから始まります。
幾何の問題だけど立ち読みでは解ききれなくて、買ってしまいました。
児童向け?の軽い本です。
和算の話など、楽しく読めました。

江戸時代に実際に算法少女という数学書があって、知られている限り唯一女性が書いた算法書なのだそうです。
その筆者をモデルにした小説です。
ちくま学芸文庫。遠藤寛子著。

ちくま学芸文庫は、絶版になった本をいろいろと復活させている文庫のようです。
隣には新釈現代文という本がありました。確か大学受験の時に薦められて使っていた参考書。懐かしくてこれも買ってしまいました。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/20(木) 03:29:18|
  2. パズル・本・読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

算法少女は 昔々私が本当に少女だった頃に読みました。
たぶん図書室か図書館でだと思います。

この頃和算関係の本はよく読んでいたけど 
この本は物語になっているし主人公が女の子なので 
とても印象に残っていました。
それで一昨年ある事からふいに思い出して 
また読みたくなって買いました。

昭和時代でも 理系女子はかなりの少数派でしたけど
(私のいたクラスは男子41名女子5名でした)
江戸時代にもちゃんといはって 本が残っているなんて 
素敵ですよね(^^)
  1. 2011/01/23(日) 01:04:20 |
  2. URL |
  3. さゆり #dxh2Uhv6
  4. [ 編集]

さゆりさん。お読みでしたか!
確かにバリバリの理系の女性というのは、現代ならともかく江戸時代では相当珍しかったのでしょうね。
問題を解く道具として、筆記用具、算木、算盤、そろばんを用意、と書いてあるくだりがあって、よくわからなくて調べました。算木というのは数を表すための棒と思っていましたが、算木を使って方程式を解いていたようですね。ビックリ。
  1. 2011/01/24(月) 20:00:22 |
  2. URL |
  3. タロタロ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puzzleelzzup.blog33.fc2.com/tb.php/437-65ae25fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。